読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GKが大好きな男のブログ

サッカーのGKの魅力を書きつづるブログです。他にもサッカー関連の話題を書いています。

スポンサードリンク

2017年Jリーグ開幕!!鹿島対FC東京の両GKのプレーを振り返ってみました。

スポンサーリンク

f:id:reon5653desu:20170226155454j:plain

どうも、管理人です。

 

「2017年Jリーグ開幕!!」

 

いやぁ、始まりましたね。新シーズンの幕開けですよ。今季はリーグ全体で移籍が活発に行われて、主力選手が抜けたチームもあれば逆に即戦力の選手をずらりと獲得したようなチームもあり、各チームどんなサッカーをしてくれるのかとても楽しみな一年になりそうです。相当期待大なシーズンになりそうな気がしています。

 

今回はリーグ開幕戦の中で鹿島アントラーズとFC東京の開幕戦の感想と両GKのプレーを中心に振り返っていきたいと思います。

 

まず結果は1-0でFC東京の勝利!!特にFC東京の守備は気合が入っていたような気がします。決定的な場面も林選手が1対1を防いだあのシーンぐらいだったし、鹿島にゴール前まで迫られることはあっても粘り強く最後の最後はやらせない、そんな守備陣の意識の高さはこの鹿島戦に対しての意気込みを感じましたね。

 

試合終了後の選手たちの喜びようを見ても、相当この一戦に対してのモチベーションが高かったんだろうなぁと思います。

 

攻撃に関してはこれからさらにコンビネーションが磨かれてけばより決定的なシーンをつくる試合が多くなるんじゃないかと思います。この日の先発メンバー見たらわかるように代表、元代表、オリンピック代表など個々人の能力はJでもかなり高いレベルにいますからね。

 

今回はオウンゴールのみの得点でしたが、次節以降さらに得点シーンが増えてくるのではないかと期待しています。個人的には今回得点に繋がるシュートを放った中島選手の活躍がもっと見たいなぁ。

 

一方鹿島は、全体的には安定しているっちゃ安定しているんだけどなんか物足りないという感じがしましたね。ディフェンスは相変わらず強いんだけど攻撃陣にいつもの迫力があまり感じられなかった。唯一ペドロ・ジュニオールが林選手と1対1になったシーンぐらいが決定的な場面だったかなぁ。

 

この辺はFC東京がかなり鹿島の事を研究していたというのもあるかもしれませんが、そこを打ち破ってこその王者だとも思うので、次節以降の鹿島の戦いにも注目したいです。

 

両GKの活躍は?

FC東京の林選手

今季からチームに加入した林選手。連携面なども特に問題なかったですし195㎝の上背を存分に生かしてクロスボールへの対応も安定していました。

 

またなんといってもペドロ・ジュニオール選手との1対1の場面を防いだあのシーンこそ林選手を獲得した意味が集約されているような気がします。

 

シュートギリギリまで動かず見事に片手で弾きだしたプレーは見事でしたね。コースはそこまで厳しいというわけではありませんでしたが、あの至近距離であれだけ強烈なシュートをしっかりとはじき出すというのは本当に素晴らしい。試合見ながら「うぉー!!」と思わず叫んでしまいました(笑)

 

あの場面で仮にゴールを入れられていたとしたら逆に鹿島がそのまま勝利を飾っていた可能性もありましたからね。決定的な場面でいかにチームを救う活躍を見せられるか、ハイレベルのGKがチームにいればDFも安心して大胆なプレーができるようになります。そういう点でいいGKがゴールマウスを守っているというのは強いチームの必須条件だよなぁというのを改めて感じましたね。

 

鹿島のクォン・スンテ選手

一方こちらも今シーズンから新加入した韓国代表の経験もあるクォン・スンテ選手。先日行われたゼロックススーパーカップにも出場しACLでもスタメンでJリーグ開幕戦でもスタメンでの出場ということで、今季の鹿島はクォン選手を正GKのポジションに据えて戦っていくのでしょう。

 

試合を通じて特に不安定な場面があったわけではないと思います。連携面ではややDF陣と重なるような場面もあったけど、そのあたりはリーグを通して修正していけるはず。ただ、今回はややキックの精度があまりよくなかったかなぁ。ゼロックスの時はきちんと味方のいるところに飛ばせていたと思うんだけど、今回は少しずれがあったように感じました。

 

まぁ、今回の試合はやっぱり失点シーンでしょうね。FC東京の中島選手が中に切り込みながらのシュート。バウンドしながら向かってくるボールに対してクォン選手は弾くことを選択しますが、戻ってきた味方が弾かれたボールを処理しきれずそのままゴールの中へとボールは吸い込まれてしまったというわけです。

 

僕はあの場面すんごい難しいと思うんですよね。コースは厳しくないだけど、ボールがちょうど自分の手前ではずんでたじゃないですか?ああいうのってすごく対応が難しい。単にごろのボールであったり、ストレートにまっすぐ飛んでくるシュートなら横への反応だけでいいんですけど、あのシュートはそれに加えてバウンドにも対応しなければいけないわけですからね。

 

しかもゴール前っていうのは試合が経過するにつれてやや荒れてたりするもんですから、あの場面で部屋にキャッチにいってファンブルをするよりも安全第一で弾くことを選択したクォン選手の判断っていうのは間違いでもないのかなと思います。

 

ただしいて言うならもっと強く遠くに弾ければというところですね。強いチームであればシュートに対して詰めてきているのはある程度予測できるので、押し込まれないようにしっかり弾きだす。あの場面でそれができていればおそらく失点にはつながらなかったんじゃないかなーとは思います。でもあのシュートは多分GK経験者なら相当嫌ですよ。僕がGKやってたら「うわっ、嫌なシュート来たなぁ。」って思います(^^;

 

ほんとミスと言えるかどうか微妙なレベル。はじいたボールをそのままDFがクリアできていたら問題になってなかったでしょう。

 

まぁクォン選手の実力は間違いないので、次節以降チームを救う活躍を期待したいですね♪

 

まとめ

今回は2017年Jリーグ開幕戦の鹿島対FC東京の両GKのプレーを中心に振り返ってみました。今シーズンも様々な試合でのGKたちの活躍を振り返っていきたいと思います♪

 

それでは次回もよろしくお願いします!!

 

参考サイト

サッカーダイジェストWeb