GKが大好きな男のブログ

サッカーのGKの魅力を書きつづるブログです。他にもサッカー関連の話題を書いています。

スポンサードリンク

ブラッド・フリーデル。長きにわたってヨーロッパで活躍したアメリカ人GK。

スポンサーリンク

世界的なGKを輩出しているのはヨーロッパや南米といった地域が圧倒的に多いですが、それ以外の地域からも素晴らしいGKはたくさん輩出されています。その中でも見逃せないのがスポーツ大国アメリカ!!

 

 

近年ではアメリカ出身のGKでヨーロッパのトップリーグのレギュラーGKとして活躍する選手もいて、今後さらにその数は増えていくかもしれません。今回はそんなアメリカ出身のGKで長きにわたってヨーロッパで活躍したGKをご紹介したいと思います。

 

 

ブラッド・フリーデル

f:id:reon5653desu:20161104205923j:plain

出典:Brad Friedel of Tottenham Hotspur, July 2011.

http://www.flickr.com/people/37972999@N07

http://flickr.com/photos/37972999@N07/6003685956

 

 

フリーデルはアメリカ出身のGK。1971年5月18日生まれ。身長188㎝、体重91㎏。

 

 

アメリカのUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)で注目を集め、卒業してからはニューカッスルやデンマークのブロンビーなどのチームに在籍。またトルコのガラタサライでもプレーをしますが、その後は一度アメリカに帰国。

 

 

その後今度はイングランドの名門リバプールFCに移籍を果たしますが、ここでもレギュラーをとるには至りませんでした。フリーデルは出場機会を求めて当時2部に所属していたブラックバーンに移籍。ブラックバーンでは正GKとして活躍。チームの1部昇格にも貢献しています。

 

 

ブラックバーンで活躍した後は、同じプレミアリーグのアストン・ヴィラやトットナムといったチームに加入。トットナムではレギュラーとして活躍するのですが、後にフランス代表のロリスが加入しレギュラーを奪われてしまいます。それでもフリーデルは控えGKとしてチームを支えます。

 

 

そのままトットナムにて現役引退。43歳までプレーした息の長い選手でした。

 

 

ちなみにフリーデルはシドニー五輪のアメリカ代表にオーバーエイジで出場しています。準々決勝では日本代表とも対戦してましたね。あの試合はPK戦までもつれ込んで日本が負けてしまいましたが、あの時を振り返ると当時からスキンヘッドのフリーデルがゴールマウスにいて「ごっついGKがいるなぁ」なんて思ったものでした。存在感がありましたね。

 

 

さらに代表でいえば2002年の日韓ワールドカップ。この大会でアメリカはベスト8まで進出します。フリーデルはこの時の正GKだったんですね。オリンピックベスト4、ワールドカップベスト8まで導いたわけですからアメリカの歴代GKの中でもかなりの実績を誇るGKと言っていいのではないでしょうか?

 

 

フリーデルのプレーの特徴

 

 

188㎝で91㎏とかなりがっしりした体格のフリーデルですが、非常にボールへの反応が速く安定感のあるプレーが持ち味でした。

 

 

彼が引退したのは2015年ですが、40オーバーでも普通にハイレベル。彼ぐらいの選手が控えにいてくれればチームも契約更新するよなぁとしみじみ思ってしまいました。実力があれば年齢は関係ないってことですね♪

 

 

まとめ

 

今回は元アメリカ代表GK「ブラッド・フリーデル」について書いてみました。今後も活躍するであろうアメリカ人GKたちの活躍に注目していきたいと思っています♪

 

 

それでは今回はこの辺で!!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

次回もよろしくお願いいたします!!

 

 

参考書籍・サイト

 

 

ブラッド・フリーデル - Wikipedia