GKが大好きな男のブログ

サッカーのGKの魅力を書きつづるブログです。他にもサッカー関連の話題を書いています。

スポンサードリンク

ジュリオ・セザール。インテルとブラジル代表の正GKをつとめた男。

スポンサーリンク

以前、ブログに書いた元ミランのGKジーダ。

 

gk-soccer.hatenablog.com

 

彼は2006年のドイツワールドカップでブラジルのゴールマウスを守りましたが結果はベスト8で敗退。僕は当時「今後ブラジル代表のゴールマウスを誰が守るんだろうか?」というのが気になっていたんですよね。ジーダで行くのか?それとも別のGKが守るのか?

 

 

結局ジーダは代表を退いて代表GKの座は空席となります。今回ご紹介するGKはジーダの後2大会連続でセレソンのゴールマウスを託された優秀な選手です。ご紹介しましょう。

 

 

ジュリオ・セザール

f:id:reon5653desu:20160822165938j:plain

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 4.0 International License.

出典:Júlio César Soares Espíndola

Майоров Владимир

http://www.soccer.ru/gallery/45231

 

 

ジュリオ・セザールは1979年9月3日生まれ。身長は187㎝、体重は79㎏です。

 

 

1997年にブラジルのCRフラメンゴでプロデビュー。2005年まで在籍します。

 

 

2005年には実力が認められ、イタリアセリエАのインテル・ミラノへ移籍。インテルではそれまで正GKとして活躍していた元イタリア代表GKのフランチェスコ・トルドからポジションの奪取に成功。

 

 

インテルには2012年まで在籍。その間セリエА5連覇やチャンピオンズリーグ制覇など、チームのタイトル獲得に貢献します。

 

 

2012年にはスロベニア代表ハンダノヴィッチが移籍してきたこともあり、インテルを去ることとなります。移籍先はイングランドプレミアリーグのQPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)でした。

 

 

QPRに2014年まで在籍。その後2014年の2月から半年からアメリカメジャーリーグサッカーのトロントFCへのレンタル移籍を経て、2016年現在はポルトガルのSLベンフィカに在籍しています。

 

 

代表では先述したように2010年、2014年のワールドカップに連続で正GKとして出場。2010年はベスト8、2014年は準決勝まで勝ち上がりましたが、優勝したドイツにまさかの7失点を喫して敗退。3位決定戦も破れ、結局4位でワールドカップの舞台から退くこととなります。

 

 

 

総合的にハイレベルなGK

 

ジュリオセザールはシュートへの反応も早く、ものすごい跳躍力を誇るGKです。PKにも強く足元もうまい総合的にハイレベルなGKでしたね。

 

 

ブラジル代表の前任者ジーダもPKストッパーでスーパーセーブを連発するGKでしたが、彼の場合安定感という点ではイマイチ。ジュリオ・セザールは安定感も兼ね備えていました。

 

 

それにしてもブラジル人GKってなんでPKに強い選手が多いのかな?たまたまなんだろうか?不思議ですね。

 

 

 

ジュリオ・セザールのプレーの特徴

 

 

至近距離からのシュートへの反応がピカイチですね!!あとはさすがの跳躍力。横に素早く移動しながら厳しいコースにとんでくるシュートをセーブします。

 

 

PKもよく止めますね♪ブラジルって代表で特殊なPKの練習でもするのかな?タファレルとかジーダとかにPKストップの秘訣みたいなものを聞いてみたい。もちろん、ジュリオ・セザールにもね。

 

 

まとめ

 

今回はインテルとブラジルのゴールマウスを守ったジュリオ・セザールについて書いてみました。2016年8月の時点で彼は36歳。ベテランと呼ばれる年齢ではありますが、まだまだハイレベルなパフォーマンスを見せてくれることを楽しみにしています♪

 

 

どうでもいいけどトイ・ストーリーのバズライトイヤーとジュリオ・セザールって似てない?そう考えるのは筆者だけでしょうか…。

 

 

それでは今回はこの辺で!!

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いします!

 

参考書籍・参考サイト

 

 

ジュリオ・セザル・ソアレス・エスピンドラ - Wikipedia