読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GKが大好きな男のブログ

サッカーのGKの魅力を書きつづるブログです。他にもサッカー関連の話題を書いています。

スポンサードリンク

ゼップマイヤー。ドイツ人GKの礎を築いた男。

ドイツ人 世界のGK ヨーロッパのGK バイエルン・ミュンヘン

スポンサーリンク

「GK大国ドイツ」

 

近年でいえば、マヌエル・ノイアー、さらには時代をさかのぼればオリバーカーン、イェンス・レーマン、ボド・イルクナー、アンドレアスケプケ、ハラルト・シューマッハなどが有名でしょう。

 

羨ましいぐらい優秀なGKが輩出される国、それがドイツなのです。今回はそんなドイツのGK達の礎を築いたといっても間違いない偉大なGKをご紹介したいと思います。

 

 

ゼップ・マイヤー

f:id:reon5653desu:20160823035416j:plain

出典:The cat from Anzing Sepp Maier at a promotional show in karstadt Bremen , Feb. 2007

https://ar.wikipedia.org/wiki/user:Tarawneh

 

 

ゼップマイヤーは1944年2月28日生まれ。現役時代のプロフィールは身長183㎝、体重71㎏。

 

 

主な成績は70年ワールドカップ3位、74年ワールドカップ優勝。

欧州選手権1972年優勝、76年準優勝。ブンデスリーガ優勝4回などなど、まぁ、言うまでもないですが輝かしい成績を誇っていますね。

 

 

マイヤーがドイツ人GKの礎を築いた

 

マイヤー以前のドイツ人GKというのは、あまり歴史的にも有名ではないしいい成績も残せていない(ようです。)ドイツが「世界に冠たるGK王国」となったのは彼の活躍があったおかげ。

 

 

しかも、彼は選手を引退後、バイエルンミュンヘンやドイツ代表のGKコーチとしても活躍しドイツが誇るGKたちを指導してきたというわけです。指導者時代にもワールドカップ、欧州選手権、ヨーロッパチャンピオンズリーグでそれぞれ優勝を果たします。

 

 

選手としてだけではなく、指導者としても一流の男。ゼップマイヤー‥‥‥。凄すぎる。ちなみにバイエルンの指導者は2008年で引退をしているそうですが、ちょうどあの「オリバ―・カーン」も2008年シーズンをもって引退しています。

 

 

カーンとマイヤーってビッグネームが同時にグラウンドにいるなんて想像しただけでも羨ましいなぁ♪バイエルンの昔からのファンなんて練習場で見る光景がたまらなかったんじゃないだろうか??どんな練習してどんな会話してたんだろう?めっちゃ気になりますね♪

 

 

マイヤーのプレーの特徴

 

 

マイヤー自身は183㎝と大柄ではありません。動画で昔の試合を見ましたが敏捷性と反射神経を活かしてゴールを守るタイプのGKだったようですね。それにしても昔のユニフォームってほんとパンツの丈短い(笑)

 

 

まとめ

 

今回は偉大なドイツ人GKたちの礎を築いた「ゼップ・マイヤー」について書いてみました。選手としても指導者としても超一流だった稀有な人物として、ドイツサッカー界の歴史に刻まれていくのでしょう。

 

カーンとかそのうち指導者やったりしないのかなーなんて思いつつ今回はしめたいと思います♪

 

 

参考書籍 ・参考サイト

 

 

ゼップ・マイヤー - Wikipedia