読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GKが大好きな男のブログ

サッカーのGKの魅力を書きつづるブログです。他にもサッカー関連の話題を書いています。

スポンサードリンク

2016年シーズン終了後に移籍したJリーグのGKたちについてまとめてみました。

GKの移籍関連のニュース

スポンサーリンク

f:id:reon5653desu:20161214223836j:plain

 

どうも管理人です。いきなりだけど

 

「鹿島勝利おめでとう!!!」

 

この記事書いてるのがクラブワールドカップ準決勝の鹿島対アトレティコ・ナショナル戦の直後なんですよ。いやぁ、興奮したなぁ。興奮しすぎて思わず書いてしまいました。まぁ試合についてはまた違う記事で感想とか書いていこうと思います♪

 

話変わるけど、今年のJリーグも日程すべて終了しましたよね。そんで気になるのが選手たちの移籍話。

 

全チームの全プレイヤーがシーズン終了した時点で来シーズンに向けて動き出しているわけですよ。そんで当然チームを変える選手も出てくる。ご存知の方もいるようにこのブログは「GKブログ」ですから当然GKたちの移籍っていうのが気になるわけです。

 

そこで今回は2016年のJリーグ終了後のGKたちの移籍情報をまとめてみました。完全にGKに特化した記事になのでフィールドプレイヤーの情報は一切入っていませんがご了承ください(^^;

 

 

①シュミット・ダニエル選手仙台に復帰

www.soccer-king.jp

 

J2の松本山雅で今季レギュラーとして活躍したGKシュミット・ダニエル選手が来シーズンはJ1のベガルタ仙台に復帰することになったそうです。

 

シュミット選手と言えば、197㎝の長身GKで今季は松本山雅の守護神としてJ2でチームを3位に導き、J1昇格をかけたプレーオフにも進出。個人的には山雅で昇格決めて来シーズンJ1でどのぐらいできるのか見たいなぁという思いがあったのですが、まさかのプレーオフ敗退。

 

その結果を受けて「来シーズンどうするんだろうか?」と思ってたんですよね。J2でもう一年やるの?正直それは勿体ないんじゃないか?だって日本代表の候補合宿にも呼ばれてるわけだし、ハリルホジッチ監督も少なからず注目している。来期はJ1でどこまでやれるか見せて日本代表入りをアピールするべきなんじゃないか?ってね。

 

そこへ古巣仙台へ復帰のニュースですよ。もちろん山雅をJ1昇格に導けなかったことは悔しいだろうし、山雅からしても守護神として活躍した彼に抜けられるのは痛いはず。シュミット選手にも葛藤はあったのでしょう。でも選手としての今後のこと、特に日本代表入りを考えたら僕はこのタイミングでJ1のチームに移籍するのは大正解だと思います。

 

もちろん仙台に戻ったからと言ってレギュラーになれると決まったわけじゃありません。仙台には元代表の六反選手や関選手など実力のある選手もいますしね。でも、そこでレギュラーをとってチームを勝たせる活躍見せたらいよいよ代表入りが見えてくるんじゃないかな?来シーズンが楽しみだなぁ。

 

 

②林彰洋選手FC東京に移籍

www.nikkansports.com

 

こちらも大型GK。サガン鳥栖の絶対的な守護神だった林彰洋選手のFC東京への移籍のニュースです。

 

195㎝の長身を誇る林選手は日本代表のハリルホジッチ監督の「GKは190㎝以上欲しい」という基準を満たす数少ない日本人GKです。過去には日本代表に選ばれた経験もあり、2016年10月の日本代表候補合宿にも選ばれていることから、今後の活躍次第では代表のGK争いに食い込んでくるのではないでしょうか?

 

僕の予想ではFC東京は来季もともと所属してた元日本代表の権田選手を呼び戻すんじゃないかな?なんて思ってたんですよね。権田選手は現在オーストリアのホルンというチームにいますが優勝を狙うために復帰させるんじゃないかと。

 

そしたら「FC東京が林選手を獲得」というニュースが出たのでね。おそらく権田選手はもうちょいオーストリアで頑張るのでしょう。

 

また関連ニュースとして今季FC東京でレギュラーGKとして活躍した秋元選手が来季はJ2で戦う古巣湘南への移籍を発表。

www.hochi.co.jp

 

秋元選手が移籍するから、林選手を獲得したのか。それとも林選手を獲得するのが先でそれに伴って秋元選手が古巣への復帰を決めたのかは分かりませんが、こうやって連鎖してGKが移籍するのは時々ありますよね。

 

林選手も秋元選手も移籍先で頑張ってほしいですね。特に林選手は日本代表入りも狙ってるはず。チームの成績や自身の活躍次第では十分あり得ます。先述したシュミット選手と同じく来季の活躍が楽しみな選手ですね♪

 

それにしてもサガン鳥栖は林選手という日本代表レベルのGKが抜けたから相当しんどいよなぁ。チームの守備力が落ちないために来季はどうするんだろうか?どっかからGKを連れてくるのか、はたまた今いるGKたちで乗り切るのか?チームとして悩みどころですな。サガンの今後の動きにも注目したいなぁと思います♪

 

 

 

 まとめ

 

今回は2016年のJリーグ終了後のGKたちの移籍情報についてまとめてみました。この記事を書いている時点でまだ2016年です。もう少し動きがあるかもしれないので、その時にはこちらの記事で追記していきたいと思っています♪

 

それでは次回もよろしくお願いいたします♪

 

 

追記①榎本哲也選手 浦和レッズに移籍

www.theworldmagazine.jp

 

マリノス一筋だった榎本選手がレッズに移籍。マリノスは中村俊輔選手も移籍するしやっぱりチームの若返りを考えてるのかなぁ。

 

一方レッズからすると来シーズンも代表とチームでフル回転であろう西川選手のバックアップの選手がほしい。おそらく現時点では榎本選手は第2GKという立ち位置でしょうが、彼のような実力も経験もある選手が控えとしてベンチに居てくれるのはチームとしてありがたい。レッズはとてもいい選手を獲得したんじゃないかなぁ。

 

 追記②櫛引選手 ファジアーノ岡山に移籍

www.nikkansports.com

清水エスパルスから鹿島アントラーズに期限付き移籍をしていた櫛引選手。今度はJ2のファジアーノ岡山へ移籍ですね。こちらも期限付き移籍とのこと。

 

櫛引選手は昨シーズン曽ヶ端選手の牙城を崩せず出場機会がほとんどなかったですからね。出場機会を求めて移籍するのは当然っちゃ当然だと思います。

 

オリンピックも終わった今櫛引選手が成長するためにはさらに試合経験を積み重ねるしかない。同じオリンピック代表の中村選手が柏のレギュラーで活躍しているのでそれに負けない活躍を見せてほしい。岡山をJ1昇格に導けたら素晴らしいですね♪