読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GKが大好きな男のブログ

サッカーのGKの魅力を書きつづるブログです。他にもサッカー関連の話題を書いています。

スポンサードリンク

川島永嗣。海外を拠点に活躍する日本人GK。

スポンサーリンク

当ブログは生粋の日本人である管理人が運営しているのですが、最近ブログを見返していて改めて「日本人GKの情報が少ない!!」と思うようになりました。

 

 

やっぱり世界トップクラスのGKたちの情報を知らず知らずのうちに書きたくなってしまうんですよね。でも、このブログは日本人向けのブログです。それに「日本にも素晴らしいGKたちがたくさんいるんだ(いたんだ)」とも思いますので、今後は日本人GKたちの情報もたくさん紹介していけたらと考えています。

 

 

そのことを踏まえた上で今回ご紹介するGKはこちらの選手です。

 

 

川島永嗣

f:id:reon5653desu:20160823034407j:plain

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 4.0 International License.

出典:Japanese goalkeeper Eiji Kawashima at a presentation for product launch.

Flickr: Norio.NAKAYAMA http://flickr.com/photos/23713037@N07/5827827511

 

 

川島選手は1983年3月20日生まれ。身長は185㎝、体重82㎏です。

 

 

最初にプロとして所属したのは大宮アルディージャです。2001年に入団した後彼はイタリアに留学。若手のトーナメントに出場し川島選手はゴールキーパーとして高い評価を受けます。なんでもその時にセリエAのチームからオファーを受けたとか受けないとか。当時から海外でも評価をされた選手だったんですね。

 

 

帰国後は2003年まで大宮に所属。その後はワールドユースの活躍などで評価が高まっている中で多くのオファーを受けます。その中で彼が選んだのが当時日本代表のGK,楢崎正剛選手が所属する名古屋グランパスエイトでした。

 

 

この時は楢崎選手まだまだバリバリの日本代表でしたからね。川島選手にも勢いはありましたが、楢崎選手からレギュラーの座を奪うまでには至らず。ただ楢崎選手の負傷時に出場して活躍を見せていました。

 

 

個人的には「レギュラーで試合に出れるところ行った方がいいよ」と思っていました。確かに日本代表GKと一緒に練習することで学べることは沢山あると思います。でも、それ以上にやはり試合に出ていないと得られない経験値はある。そして、試合に出ていないと能力が高くても評価をされないというのがあったからですね。当時ベンチにいる彼の姿を見てもったいないなぁと外野ながら思っていた記憶があります。

 

 

結局名古屋には2004~2006まで在籍し、その後は川崎フロンターレに当時のクラブ史上最高移籍金1億5000万円で移籍。フロンターレでは大活躍でしたね。この辺りからA代表にも呼ばれるようになるし、やはりレギュラーGKとして試合に出続けるというのは大切なことなんだなと思いました。

 

 

フロンターレには2007年から2010年の7月まで在籍。今度はベルギーリーグのリールセSkに移籍を果たします。リールセでは浮き沈みを経験しましたが、最終的には2年連続でチームのMVPに選ばれる活躍を果たします。

 

 

そして、2012年には同じベルギーリーグのスタンダール・リエージュへと移籍。リールセよりも上位の成績を収めるチームへとステップアップを果たしました。ただ、2014-2015年の途中からレギュラーを外されてしまい、2015年の5月にチームを退団することが発表されます。

 

 

ここから約半年チームが決まらず無所属の状態が続くんですよね。この間古巣のスタンダールに復帰するんじゃないかとかと色々と騒がれていましたが、半年はデカかった。川島選手は海外での活動にこだわっていたのだと思いますが、僕は正直「Jリーグに復帰してもいいんじゃないか?」なんて思ってましたね。やはりチームに所属して試合に出てナンボだと思うので。でも、彼なりのこだわりがあったんだろうなぁ。

 

 

結局2015年の6月にスタンダールを退団してから同年12月にスコットランドのダンディー・ユナイテッドFCに入団。チームは降格危機にある中、川島選手の活躍が期待されましたが、結局チームは2016年5月に降格。またまたチームを退団します。

 

 

そして2016年8月フランスのリーグ・アンのメスFCへと移籍。管理人は「また無所属になるのは勘弁してくれよ」と勝手に心配していましたが、そうならなくほっと一安心。

 

 

しかし、チーム首脳陣は「第3GK」として考えているとのことらしいので、厳しいポジション争いが続きそうです。頑張ってくれ!!!

 

 

ワールドカップ直前のレギュラー取り

 

川島選手がA代表のレギュラーを確保したのは南アフリカワールドカップ直前のテストマッチ。イングランド相手に大活躍を見せてからでした。

 

 

それまでは楢崎選手が今大会のレギュラーと目されていましたよね。でも直前の親善試合でのチームの成績の悪さから当時の岡田監督は思い切って川島選手を抜擢。その期待に見事に応えてイングランド戦ではルーニーのきわどいシュートやランパードのPKを止めるなど大活躍をしました。あの活躍を見て、岡田監督は「本大会は川島で」と決めたんだろうなと思いましたね。見事なレギュラー取りだったと思います。

 

 

あの試合の素晴らしいPKストップとドヤ顔が忘れられません(笑)失点に関しては2失点ともオウンゴールというまさかの展開‥‥‥。とても印象に残る試合でした(*_*

 

 

 

川島選手のプレーの特徴

 

 

管理人の印象は川島選手は反応のよさとPKに強いGKだという印象ですね。そして大舞台に強い!!

 

 

川口選手も大舞台に滅法強いGKでしたが、川島選手もそのタイプなんじゃないかな。デカい舞台になればなるほど力を発揮するみたいなね。個人的にはこういうタイプのGKとても好きです(笑)

 

 

ちなみに管理人は川島選手と同じ埼玉県出身でして、彼が高校生の時には既にその存在は県内に知れ渡っていました。(管理人は川島選手よりも年下です。)

 

 

彼が所属していた浦和東高校は埼玉でも有名な強豪校の一つでしたからね。埼玉では選手権予選のベスト8から地元の埼玉テレビというテレビ局で試合が放送されます。彼が所属している浦和東高校も試合にテレビに映っていた記憶がありますね。すんごいキック力だった印象が強かったなぁ。

 

 

そこからまさか日本代表のGKまでかけあげるとは思いませんでしたね。同じ埼玉県民として川島選手には今後も活躍を続けてほしいなぁと思います♪

 

 

 

まとめ

 

今回は日本代表GKの「川島永嗣」選手について書いてみました。現在の日本人GKの中では間違いなくトップクラスのGKです。今後も彼の活躍を楽しみにしていきたいと思います。まずはチームで試合に出てくれ!!!!

 

 

それでは今回はこの辺で!!

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いします!!

 

 

参考サイト

川島永嗣 - Wikipedia