GKが大好きな男のブログ

サッカーのGKの魅力を書きつづるブログです。他にもサッカー関連の話題を書いています。

スポンサードリンク

NHKがGK専門チャンネルを用意!!そのメリットについて考えてみた。

スポンサーリンク

f:id:reon5653desu:20170412230458j:plain

どうも、管理人です。

 

先日サッカー関連のニュースを見ていたら非常に興味深い内容のタイトルを発見しました♪

web.gekisaka.jp

 

「まさかのGK専用チャンネル用意!!」

 

記事によると4月16日に行われるJリーグの浦和レッズ対FC東京戦で、GK専用カメラを導入しGKにスポットを当てようという試みみたいです。

 

いやぁ、NHKさんも思い切ったことしますよね。まさかまさかのGKのみにスポットを当てたチャンネルを用意しちゃうとは。

 

サッカーの中でどのポジションよりもGKが好きという僕のようなGK大好き人間にとってはたまらないチャンネルなのではないでしょうか?GKが注目されるのって嬉しいし、だいぶGKの重要性が理解されてきた証拠なんじゃないかな?

 

個人的には今回の試みってGKをやっている育成年代の選手とか指導するコーチにとって物凄くメリットがあることだと思うんですよね。そこで今回は僕なりに考えた「GK専用チャンネルがもたらすメリット」について書いていこうと思います。

 

ボールに関与していない場面でのGKたちの動きがわかる。

 

選手のポジショニングを学べる

通常サッカーの試合を放送する場合にはカメラはボールの動きを追いかけます。そのため、ボールと関与していないGKたちの動きというのは、あまり画面に映ることはありません。

 

ところが今回のGKの専用チャンネルでは、GKだけを撮影する専用のカメラもあるということで、ボールに関与していない場面で彼らがいったいどういう行動をしているのかがわかるというわけです。

 

たとえばレッズの場合DFラインをかなり浅めに引いており、裏に出たボールは西川選手が処理することが多いです。その時西川選手はDFラインに合わせてどういう動きをしているのか?ラインの位置に合わせてどのあたりでポジションをとるのか?といった通常のテレビ放送では見ることができないところまで知ることができるわけですね。

 

こういったプロのGKのポジショニングというのは、GKをしている選手たちにとってもそうですし、その選手たちを指導する指導者の方にとっても貴重な資料になるのではないでしょうか?

 

成功したプレーや失敗したプレーの分析と指導に活かせる。

あるいは失点シーンや逆に決定機を防いだシーンの前段階でのポジショニングなどを確認することもできますね。試合中の放送やサッカー番組では、決定機の少し前の辺りからハイライト映像を流すことで、得点までの流れがわかるわけです。でもGKやGKコーチとしてはそのさらに前の段階を見たいわけです。

 

すなわち、その時点ではまだ「決定機かどうかわからないような場面」で各GKたちがどのようなポジショニングをとり、どのような指示をしているのか?そして仮に失点したのだとすれば、「どうすればこの失点を防ぐことができたのか?」を分析するいい材料になるはずなんです。

 

たとえば、指導する側は実際にこのGK専用チャンネルを録画して、失点シーンをGK達に確認させて「何でこのポジショニングをとったのだと思う?」とか「どうすればこの失点を防ぐことができる?」と考えさせる。そうすることでGK自らが試合中にどうすればいいのかを考えられるようになる。そういうイメージをさせてから実際の練習に臨むことで選手たちの意識はより高いレベルになるでしょう。個人的にはそういうメリットがあるのではないかと思うわけです。

 

まとめ

多くの選手たちにとってお手本となるであろう、プロのGKたちの動きを一挙手一投足見られる機会っていうのはそうそうないですからね。それだけでも今回の専用チャンネルを放送する価値はあるのではないでしょうか。

 

ぜひ、今回の試合だけでなく毎回とまではいかなくても優秀なGKたちのプレーを確認できるGK専用チャンネルでの放送を定期的にしてもらえればなと思います。

 

あとは超個人的な願望を言えばサッカーのワールドカップやチャンピオンズリーグなど「世界最高峰のGK専用チャンネル」があるといいですよね。

 

ノイアー、ブッフォン、オブラク、クルトワ、デヘアなどなど世界トップクラスの選手たちの試合中の動きをずーっと追ってくれるカメラがあったらどうでしょうか?ものすごーくGKレベルの向上に役立つんじゃないかなと個人的に思っているのですが、NHKさんご検討のほどよろしくお願いいたします(笑)

 

それでは今回はこの辺で。