読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GKが大好きな男のブログ

サッカーのGKの魅力を書きつづるブログです。他にもサッカー関連の話題を書いています。

スポンサードリンク

本当にGKは190㎝以上必要なのか??世界のGKたちを比較をしてみた。

GK関連のニュース 雑記

スポンサーリンク

f:id:reon5653desu:20161018214906j:plain

 

先日行われたGKのみによる合宿。その合宿でハリルホジッチ監督が取材陣から理想のGKは?と聞かれたことに対して「現代フットボールでは、まず190cmないといいキーパーとは言えない」 と語ったことがちょっとした話題になっています。詳しくは↓のサイトをご覧ください。

 

www.footballchannel.jp

 

 

 

確かにここ最近の世界のGKたちを見渡しても大型化というのは進んでいるように思いますね。かつては190㎝あればかなり大型に感じましたが、今やそれが当たり前。今はそれよりもさらに大きく190㎝台後半のGKたちがゴールマウスを守るというのが普通になってきています。

 

世界のGKたちの身長はどれぐらいなのか?

 

 

じゃあ世界のGKたちは実際どれぐらいの身長なのよ??というのが気になりませんか??僕はすんごい気になってしまいました。

 

 

そこで今回はFIFAランキング20位までのチームの正GKと昨季のUEFAチャンピオンズリーグベスト16まで進出したチームの正GK達の身長を見てみようと思います。20位までにしたのは特に理由はないです(^^;なんとなく10位じゃ少ないし、30位じゃ多いかなーという感じです(*_*;

 

 

FIFAランキング20位までのチームの正GK

 

最新FIFAランキング 2016年9月版 | FIFAランキング.netから引用させてもらい、ランキング20位までのチームの正GKとその身長を書いてみました。

 

※また各代表、クラブチームともにGKの身長についてはWikipediaから引用させていただいています。おそらくサイトやその他の媒体においては若干の差はあると思いますがご了承ください。

 

 

1位 アルゼンチン

セルヒオ・ロメロ 192㎝

 

2位 ベルギー

ティポ・クルトワ 199㎝

 

3位 ドイツ

マヌエル・ノイアー 193㎝

 

4位 コロンビア

ダビド・オスピナ 183㎝

 

4位 ブラジル

アリソン・ベッケル 193㎝

 

6位 チリ

クラウディオ・ブラボ 183㎝

 

7位 ポルトガル

ルイ・パトリシオ 190㎝

 

8位 フランス

ウーゴ・ロリス 188㎝

 

9位 ウルグアイ

フェルナンド・ムスレラ 190㎝

 

10位 ウェールズ

ウェイン・ヘネシー 198㎝

 

11位 スペイン

ダビド・デヘア 193㎝

 

12位 イングランド

ジョー・ハート 196㎝

 

13位 イタリア

ジャンルイジ・ブッフォン 191㎝

 

14位 クロアチア

ダニエル・スバシッチ 191㎝

 

15位 メキシコ

ギジョルモ・オチョア 183㎝

 

16位 スイス

ヤン・ゾマー 183㎝

 

17位 ポーランド

ウカシュ・ファビアンスキ 190㎝

 

18位 コスタリカ

ケイロル・ナバス 185㎝

 

19位 エクアドル

エステバン・ハビエル・ドレエル 185㎝

 

20位 ハンガリー

ピーター・グラクシ(グラーチ・ベーテル) 191㎝

 

 

ザーッと見た感じでも190オーバーの選手がゴロゴロいますね。特にヨーロッパのGKは190台が当たり前ぐらいの感じになってます。中には180台前半の選手もいるけど少数派のようですね。

 

 

2015-2016UEFAチャンピオンズリーグベスト16のGKたち

 

※こちらは2015-2016シーズンの時に正GKだった選手たちについて書いています。最新のものではありませんのでご注意ください。

 

 

優勝

レアル・マドリード

ケイラー・ナバス 185㎝

 

 

準優勝

アトレティコ・マドリード

ヤン・オブラク 188㎝

 

 

ベスト4

バイエルン・ミュンヘン

マヌエル・ノイアー 193㎝

 

マンチェスター・シティ

ジョー・ハート 196㎝

 

 

ベスト8

パリ・サンジェルマン

ケビン・トラップ 189㎝

 

ベンフィカ

エデルソン・モラレス 187㎝

 

バルセロナ

マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン 187㎝

 

ヴォルフスブルク

ディエゴ・ベナリオ 193㎝

 

 

ベスト16

チェルシー

ティポ・クルトワ 199㎝

 

ゼニト・サンクトペテルブルク

ユーリ・ロディーギン 187㎝

 

ヘント

マッツ・セルス 188㎝

 

アーセナル

ペトル・チェフ 196㎝

 

ユベントス

ジャンルイジ・ブッフォン 191㎝

 

PSVアイントホーフェン

イェルーン・ズート 189㎝

 

ディナモ・キエフ

オレクサンドル・ショフコフスキー 191㎝

 

ローマ

ヴォイチェフ・トマシュ・シュチェスニー 195㎝

 

 

チャンピオンズリーグベスト16に進出したチームのGKたちも低くて185センチ程度という結果が出ました。グループリーグのチームのGKも見てみるとまた違った結果が出るかもしれませんが、そもそも「高身長の人が有利」であるポジションですからまぁ当たり前っちゃ当たり前の結果かもしれませんね。それにしてもやっぱりみんな大きいなぁという感じですね(^^;

 

 

世界的にキーパーが大型化しているのは間違いなさそうですね。90年代とかより相当でかくなってる気がします。

 

 

っていう感じで自分なりにまとめてみたんだけど、下のサイトでより詳細な慎重の比較をやってました(^^;僕の努力は一体何だったんだという感じですが、こちらの方がより詳細なものが分かるのでリンクを貼っておきます。

 

ハリルの「190cm以上ないと良いGKとは言えない」は正論か? 欧州4大リーグで検証! | サッカーダイジェストWeb

 

 

まとめ

 

改めて世界トップクラスの選手たちの身長を比較してみました。確かにいいGKと呼ばれる選手たちはハリルさんがおっしゃるように190㎝台のGKが多いのかもしれません。

 

 

ですがオチョア(183㎝)、ナバス(185㎝)、オスピナ(183㎝)、ブラボ(183㎝)などワールドカップやチャンピオンズリーグで活躍したり、優秀な成績を収めたチームの中にも190㎝に満たないGKは存在しています。

 

 

あくまで190㎝というのは「いいGK」である一つの条件でしかありません。たとえその条件を満たしていなかったとしてもそれを補う武器があれば十分世界でも戦えるのではないかと個人的には思ってます。

 

 

身長が高い、低い関係なく

 

 

「日本人GKは世界的に見てもレベルが高い!!」

 

 

と言われるようになれば素晴らしいなぁと思っています♪

 

 

それでは今回はこの辺で!!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

次回もよろしくお願いします!!

 

 

参考サイト

http://www.uefa.com/

Wikipedia