GKが大好きな男のブログ

サッカーのGKの魅力を書きつづるブログです。他にもサッカー関連の話題を書いています。

スポンサードリンク

サッカー日本代表、ロシアワールドカップ出場おめでとー♪

スポンサーリンク

f:id:reon5653desu:20170902233716j:plain

いやはや、めでたいっすね。

 

サッカー日本代表が2017年の8月31日に開催された対オーストラリア戦に2-0で勝利し、6大会連続でワールドカップ出場を決めましたー!!おめでとうございます!!

僕はリアルタイムでテレビ観戦してたんだけど、本田選手や香川選手は出場してないし、長谷部選手も怪我明けでちょっとミスあったり、序盤は連携がうまくいかなくてあんまりいい攻撃の形をつくれなかったりと見ていて「うーん、大丈夫かな‥‥‥。」と思う事もあったんだけど、2点取ってしかも完封してっていうことでね、ほんと素晴らしい結果でしたね。パチパチパチ♪

 

まぁ、いつも通り試合の内容ならやんやらについてはニュースサイトやらサッカー関連のサイトでめっちゃ詳細にやってくれてると思うんでね、僕は今回も淡々と両チームのGKのことを中心に振り返っていくつもりです♪

 

川島選手の活躍を振り返る 

この日の川島選手は安定したプレーを披露していたように思います。

 

特にオーストラリアの場合高さが怖いというのは誰もが知るところですが、川島選手はクロスボールに対してパンチングとキャッチングの判断をしっかりしていて、ミスもありませんでした。

 

キックに関しても大きなミスはなかったし、パントキックで速攻を狙うなど攻撃に対しての意識も高かったように思いますね。ほんと安定していたと思います。

 

唯一のピンチであった吉田選手に当たってコースが変わりポストに当たった場面でも、しっかりと反応できていたと思います。仮に枠内に入っていたとしてもポストに当たってゴールに吸い込まれるようなきわどいコースでなければ川島選手ははじき出せていたんじゃないかな?

 

唯一気になったのは連携の面かな?後半に相手がディフェンスラインの裏へ抜け出そうとして、吉田選手が体を入れた場面あったじゃないですか?結局川島選手がキャッチしたんだけど、ちょっと譲り合うみたいな感じになっちゃったんですよね。

 

確かイラク戦だったかな?あの時も吉田選手と川島選手の間にボールが転がってお互い譲り合う感じになっちゃってその間に相手に詰められてガチャガチャってなってボールこぼれて押し込まれるみたいな感じで失点しちゃったんですよ。

 

参考記事:イラク戦で失点した理由は何だったのか?を考えてみました。 - GKが大好きな男のブログ

 

今回はことなきを得ましたが、仮にあれが世界レベルのフォワードの場合だと吉田選手をはねのけたり、スピードで入れ替わって川島選手よりも先にチョンとボールを触ってゴールなんてこともあり得ると思うんですよね。それが怖い。

 

まぁ、今回は予選まで準備期間も短い中キーパーとディフェンスラインの連携の身にそこまで時間を割くことはできなかったとは思うのですが、ワールドカップ本選で当たる強豪国の選手たちのことを考えるとここの連携はもう一回確認をしておいた方がいいかなーと個人的には思いました。

 

でも、それ以外はほんと今回の川島選手は経験豊富なベテランとしてチームを落ち着かせていたなぁという感じでした。 

 

マシュー・ライアンの活躍を振り返る

彼はプレミアリーグのブライトンというチームに所属するGKです。プレミアでやれるような選手なわけだから実力はあるわけですよ。そんな彼が日本戦でどんな活躍を見せるかっていうのを気になってたわけです。

 

蓋を開けてみたら2失点したわけだけど、ぶっちゃけ浅野選手の先制点はドフリー過ぎてノーチャンスとまではいかなくても阻止するのは難しかった。井手口選手の2点目も素晴らしいコースに強烈なシュートが飛んできたので手に当てるのが精いっぱいだったと思います。

 

失点シーンに関してはしょうがなかったかと。

 

僕が気になったのは彼のつなぎの際の足元のプレーです。どうやらオーストラリアはパスサッカーに移行している最中らしく、最終ラインやGKたちも繋ぐ意識が強かったと思います。それで彼にディフェンスからバックパスがけっこう入ってきてました。

 

彼はそれを前方の味方にフィードするわけだけど、このパスがけっこう不正確だった気がします。特に30メートルぐらいのフリーの味方に対してのパスがけっこうズレていて、そのパスミスを日本に拾われてみたいな場面がけっこうあった気がします。

 

多分口酸っぱく監督から「繋ぐこと」を言われていたんだろうけど、うーん、どうだろうか?この一試合に関していえば彼はあんまりパスの能力は高くない気もする。今回は彼のパスミスから致命的なピンチっていうはなかったけど、これまた日本より強豪国が相手ってなった時にはそういったパスミスが致命的になるんじゃないかな?

 

まぁ、プレミアのチームで正GKになるような選手ですし、まだ25歳とこれからまだまだ先がある選手だと思うので、今後経験を積んでさらに足元の技術も向上してくることでしょう。

 

彼の足元の技術がさらに向上し、プレミアで強豪国のオフェンス陣の攻撃を受けることで守備の能力もさらに向上するはずです。そうなれば彼は今回よりもさらに厄介な存在として日本代表の前に立ちはだかるかもしれません。

 

日本代表にとっては嫌なことですが、一GKウォッチャーとしては彼が今後プレミアリーグの中でどう成長するのかを楽しみにしていきたいと思います♪

 

彼が順調に成長したら、かつて日本の前に立ちはだかった偉大なるオーストラリアの守護神シュウォーツァーのような存在になるかもしれませんね。

 

参考記事:マーク・シュウォーツァー。オーストラリア史上最高のGK。 - GKが大好きな男のブログ

 

まとめ

というわけで、今回はロシアワールドカップアジア最終予選の日本対オーストラリアの試合の両チームのGKの活躍を振り返ってみました。

 

まぁ、とにもかくにも「日本がワールドカップ出場を決めてめでたい!」ということで今回は締めたいと思います♪

 

ちょっとブログの更新頻度が下がってきているので、また少しずつ更新出来たらなと思っています♪

 

それでは今回はこの辺で!!