読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GKが大好きな男のブログ

サッカーのGKの魅力を書きつづるブログです。他にもサッカー関連の話題を書いています。

スポンサードリンク

第95回全国高校サッカー選手権 青森山田VS前橋育英戦を見た感想を書きました♪

スポンサーリンク

f:id:reon5653desu:20170109183235j:plain

 

どうも、管理人です。

 

選手権、青森山田が初優勝しましたね!!まさかまさかの5-0ってことで予想だにしない大差での決着となりました。

 

優勝した青森山田はもちろん素晴らしかったし、敗れた前橋育英の選手たちも素晴らしかった。まずは両チームの選手たちにお疲れ様でしたを言いたいですよ。

 

中2日とか3日で試合するなんてしんどかったでしょうし、もしかしたら満身創痍だったのかもしれない。コンディションは万全ではなかったでしょう。そんな中決勝まで勝ち残った両チームの選手たちにはいいもの見せてもらいました♪やっぱりハイレベルだった。

 

この感動を忘れんうちに試合の展開や感想なんかを記録しておこうと思います♪

 

 

流れのいい時に点を取ることの大切さ

 

試合を見ていた方はご存知かと思うのですが、序盤は完全に前橋育英のペースだったんですよね。

 

出足がよくて、セカンドボールもしっかり拾って自分たちのものにしてたし、クロスやコーナーから制度の高いボールでチャンスを演出していたんです。

 

それに対して青森山田はやや後手に回っていて自分たちのプレーができてなかった印象。正直最初の15分ぐらいはあまりいいところがなかった気がします。

 

実際前半の15分過ぎには前橋育英に一対一のチャンスをつくられちゃってます。

これはGK廣末選手が一対一さすがのセーブでピンチを防ぎました。

欲を言えばという方タラレバなんですがここで前橋育英が1点決めてたらその後の試合展開どーなってたか全くわからなかったと思うんですよね(>_<)

 

あの一対一の場面でもう少し冷静にコースに打てていれば。ただ、やっぱりあの場面っていうのはプレッシャーというか「決めなきゃ」みたいな感覚はあるだろうし力みもあるんでしょう。実際にシュートを打つ立場にならなければわからないのかもしれません。

 

その後もどちらかというと前橋育英ペースだったけど先制したのは青森山田でした。

 

右サイドからのクロスをペナルティエリアの中央で高橋選手がトラップ。左足で低い弾道のシュートを放ちこれが、DFにあたってコースが上がりゴール!!トラップしてから非常に冷静でしたね。シュートを低く抑えたのも素晴らしかった。

 

多少流れが悪くても点取れちゃうのが今大会の青森山田の強さなんだろうなぁ‥‥‥。

前橋育英いいペースだっただけに、ちょっともったいない失点でしたね。流れがいい時に点が取れないとその後が怖いっていうパターンにハマってしまった気がします。

 

その後も前橋育英がペースを握るんだけど、追加点も青森山田。前半のアディショナルタイムでした。相手DFラインの前でうまくボール回して最後は裏に抜け出した嵯峨選手が右足を振り抜きゴール。

 

やや苦しい試合展開の中でこれはでかかった。相当チームを楽にしてくれる二点目でしたね。こういうところきっちり決めてくるんだよなぁ。本当強いわ。

 

前橋育英はこれまたもったいない失点でしたね。ペースは握ってただけに前半1失点で終われていれば後半はまた違った展開だったかもしれません。

 

最後まで集中力を保った青森山田の強さは凄かった。

 

後半は青森山田ペース。前橋育英が前半のように中盤での繋ぎや効果的な縦パスがなかったかなぁ。

 

そんな中青森山田が3点目をゲット!!今度は鳴海選手でした。右クロスをペナルティエリア内で胸トラップしてのボレーシュート。簡単じゃないシュートをしっかり決める。鳴海選手はこの2分後にもゴールをゲット。

 

廣末選手のロングボールを味方が競って裏に抜けたポールに素早く反応。しっかりコースを狙って流し込みました。

 

いやぁ、この連続失点は前橋育英にとっては痛すぎましたね(*_*)2点差ならまだしも3点差、4点差ってなってくると多少諦めの気持ちも出てくるものです。

 

ただそれでも諦めない姿勢を見せてくれた前橋育英は本当に素晴らしかった。何度もシュートチャンス作ってましたからね。

 

ただ前橋育英は終盤ペナルティエリア付近で痛恨のミス。途中から出場した佐々木選手の強烈なシュートがキーパーの手を弾きながらゴールへと吸い込まれました。

 

合計5-0で青森山田高校初優勝!!決勝まで日程的に楽ではなかったと思うんだけど、能力はもちろんのことチーム全体で集中力の高さを見せてくれましたね。本と強かったなぁ‥‥‥。

 

一方前橋育英は初優勝ならず!!悔しい敗戦となりました。

 

個人的にはチーム力にはそんなに差はなかったとは思うんだけどちょっとしたミスとか隙とかの差だったんだろうなぁ……。後は決定力かな。青森山田が自分たちのチャンスを確実にモノにする中、前橋育英はそれができなかったっていうのが当たり前っちゃ当たり前ですが勝敗の行方を分けたように思いました。

 

それにしてもレベルの高い試合を見せてもらって満足。今後の大学や、社会人、プロに進んでサッカーを続けるであろう両チームの選手たちの今後の活躍を楽しみにしていきたいと思います♪

 

それではまた次回もよろしくお願いします。

 

 参考記事

www.footballchannel.jp